スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2016.07.09 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

無題。。。。思いつかないって(笑)

地下鉄に乗ろうと階段を降りかけて、思わず3歩後ろに戻ってしまいました。
だって。




ひぃぃっ。




ば、バナナ!の皮!!!!


コレがあったら誰だってドリフターズ並みの二度見ができるよ。


地下鉄の改札に向かって階段を駆け降りようとした私の足を止めて携帯電話を取り出させたこの、これ。。。
何て呼べばいいの??


バナナの皮だけで、このボリュームを出すって、スゴイことだと思うんです。
バナナが好きっていうよりも、根気とか執念とが高さに表れてて。


誰が食べたかとか、
なぜコレで、ココなのかとか。
考えたら負けだと解釈してます。


でも、これだけは知りたい。
バナナ何本分?
SASAKING


Haagen-Dazs station

地下鉄赤線と緑線が交差し、北部鉄道レ・ノルド、近郊鉄道パッサンテが乗り入れているカドルナ駅。

利用客が多いだけに、新製品のプロモーションがよく行われています。

チューインガム
ダイエットコーク
エナジードリンク
のど飴
などなど。

先日はネコ顔にペイントした若者がキャットフードを配ってました。


地下鉄へ降りる階段の手前で行われることが多いのは、駅構外なために誰にも利権が発生しないからなんだろうなと理解してました。


ところが。
新たなプロモーション方法が確立されたようで。



駅構内、改札手前にハーゲンダッツのポップアップストア登場!!
この暑さだもん。
ついつい。。。。




電車の長旅のお供にピッタリ。


販売されていたのは、スーパーで売られていお馴染みのフレーバーばかり。
新製品の案内というよりも、ハーゲンダッツそのものの知名度を上げることが狙いでしょうか。
既存客にはちょっと物足りない。


どこかで読んだ。
ハーゲンダッツって、本物の材料しか使用しないって。
例えば、フルーツは本物の果実を。
お砂糖なら、低コストの人工甘味料じゃなくて、本物のお砂糖を使用ってな具合に。
確かに割高ではあるけど、美味しさが違いますもんね。
納得。


という訳で、ジェラート屋に困ることのないイタリアで、ハーゲンダッツを買う理由が説明できました。


あーぁ。
小豆とか抹茶とかかぼちゃとか。
日本フレーバーが恋しいな。。。
SASAKING


檸檬



たわわに実ったレモンの木。
ひとつだけひっそり花が咲いてました。




初めて見るレモンの花。
果実の刺激的な酸味からは想像できないほど控えめです。




なるほど。
花が落ちて、こうなるワケね。


イタリアに住み始めた頃は、レモンってこう生えるんだ!っていちいち感動したものです。


レモンといえば、シチリアかソレント。
つまりは南イタリアが産地として有名ですが、観葉植物としては北部でも人気です。
ここまで大きいのは初めて見たけど。

テラス、お庭の目隠しや日除けがコレだったら素敵じゃない?
必要な時にレモンをもぎ取るって、その言葉の響きにウ〜ットリ???


実際は。
毎年実らせるのは難しいそうです。
受粉作業がね。
果実目当てに購入、翌年以降はタダの植木ってケース多そうです。


扱いが簡単らしい多肉植物でさえダメししてしまう凄腕植物キラーの私に扱えるシロモノじゃなさそう。


やっぱりレモンの背景は南イタリアの真っ青な空が似合うと思うのです。
暑さが苦手な私は、永遠にレモンが似合わない女です。
SASAKING


サローネ直前

開催を2日後に控えたSalone Del Mobile 2016。



もう開催中かと思う程、人が多いブレラ地区です。
日曜日だっていうのに、ショールームの設営に追われて働いている人がたくさん!

観光客とサローネ関係者でミラノ市内がごった返して、じゃなくて、活気付いています。


人の流れに逆行して、サローネ期間中にに日本に出発する私。
サローネとフライトの乗り切るために、昨日から禁酒です。
SASAKING


未知との遭遇

よく行く自然食品のお店。
探しものがあって、ハーブティーのコーナーをうろついていました。


あいにく、私の探し物はなかったんだけど。
そんなことはどうでもよくなるパッケージが陳列されてて。



およそ飲み物とは思えない無骨なイラスト。
サイにダチョウに…あとの2匹は何なんだ?


右から、
cape of good hope drink
何を使ってるかは知りませんが、気分がよくなりそう。
添加物なしで、抗酸化物質が豊富だそうです。


african drink
未開の地で脈々と受け継がれる秘密の飲み物か?
奴らのズバ抜けた身体能力の高さの秘密はコレか?
カフェイン、タンニン、アルカロイドが含まれていないそうです。


desert lemon drink
この中で唯一心を開けるネーミング。
砂漠の渇きをレモンで癒す目的なら、味も想像しやすいし。


rhinoceros drink

サイ・ドリンクだそうです。
これ以上の説明がありません!


パッケージの表から読み取れる情報は以上。
限られたお昼休みに、詳しく説明を読んでいる時間はありません。
いや、正直になろう。
読みたくなかったのだ。
だって、サイだよ。


動きの少ないツマラナイ動物のイメージがありますが、実際はかなり獰猛で危険な動物なんです。


そのサイにどっかの原住民が果敢にも丸腰で挑み、貴重なエキスを採取して高級ハーブティーに仕上げました!的な想像が脳内が異様な盛り上がりを見せています。


しかもね。
それぞれが結構高額なんです。



2種類の箱があるダチョウに至っては、高い方なら13.50ユーロ。
悪ふざけに払える金額じゃないですから。


少し前までは、こんな商品なかったのに。
バイヤーの遊び心か?
それとも本当にスゴイお茶なのか?


検証するためのコストに見合う勇気は引き出せそうにありません。
SASAKING


行ってきた、Ham holy burger

この間見つけたばかりで、さっそく過ぎではありますが。
先週の交通機関のストライキでランチタイムに余裕が出来てしまったので。


ええ、お一人様でしたよ。
1人ランチには全く抵抗がないんです。


初めて体験するiPadでオーダーするスタイルのお店。
特徴的なハンバーガーメニューの中から、今回は店名にもなっているHoly burgerを選びました。
まずは基本を知るべし、です。

お肉の焼き加減を指定し、オニオンスライスを外してオーダー。
お好みでチーズの追加もできます。



iPadの操作が終わるとすぐにドリンクが登場。
ミントの葉を沈めたレモネードは、お家でもマネしたい美味しさ。




続いて届いたポテトクリスプ。
カリッカリ加減が完璧です。
お気に入りのカリフォルニアベーカリーを軽く上回ってます。
小さな瓶に入ったケチャップとマヨネーズもかわいい。
封がされていたので、使い回しの心配ゼロ。
塩派なので使わないんだけど、持ち帰りできるか聞けばよかったぁ。




メインのハンバーガー。
結構な高さ。
大口でガブっ!と思いましたが、お一人様さまランチを優雅に演出するべく、ナイフで半分にカット。
うーん。
素晴らしい火加減!!
さすが、お肉が美味しいです。
バーガーなのにジャンクじゃない。


半分食べたところで、かなりお腹いっぱいに。
私の好みを言えば、はもう少し塩分ひかえ目がいいなぁ。


2人で1つが丁度よさそうな、絶品カリカリポテトでビールが飲みたいと思うのは、私だけじゃないらしく、
こだわりが感じられるビールがメニューに並んでいました。


夜は日替わりバーガーもあるみたい。
友達とのおしゃべりがメインのカジュアルディナーに合いそうです。


久しぶりに美味しいバーガーに出会いました。
SASAKING


散歩日和

春ですね。
今週からウールのコートをやめて、トレンチで外出しています。
暖かくなったとたん、通りを歩く人の数が急増しました。
つられて私もお昼休みに職場周辺をブラブラと。




ミラノ市営のレンタル自転車、BikeMi バイクミー
黄色い花は3月8日だった「女性の日」の名残かな?



花の香りに包まれていたのはオシャレエリアのブレラ地区にひっそり佇む教会。



日本の桜を再び見られるのはいつなんだろうと思ったら、急に泣きそうなっちゃいました。

6月から休暇に入り、9月から新学期が始まるイタリア人には、桜に重なる数々の旅立ちの思い出なんて理解できないんだろうな。
日本人でよかった??


朝から大掛かりな映画の撮影が行われていたガリバルディ通りの混雑を避けて、適当にカドを曲がったら。




静かな通りなのに、ここだけ入店待ちの人々でちょっと賑わっていたHam。
Ham holy burgerだって。
聖なるハンバーガーってこと?
知らなかった、こんなお店。
いや、待てよ。
去年ウワサを聞いたような。






何屋さんなのか分からないけど、
カラフルなウィンドウで素敵なショップがお散歩に華を添えて、昼休みおしまい。


長らく、日々の営みに必死過ぎて、周りを見回す余裕がなかったんだけど。
陽気に誘われて今日はブログらしい記事になりました。
「今日は」って限定的ですが、持続力がないことは自覚してますから。


もうすぐイースター。
ランチに招待されているので、ティラミスを作る予定です。
SASAKING


経験値

電車移動の暇つぶしにスマホでネットサーフィン。
よくあることですよね。

で、よくあるバナー広告。
たいして興味深い内容でもなし。
普通なら気にも留めないのですが、
コレは違った。




右と左でジーンズが違うよ!!
ステッチが違うもん。
よく見りゃ、デザインも違うし。


モデルも違う!と言わないのはお約束として受け入れますが、
ビフォーアフターっぽく見せていながら、基準にさせているジーンズが違うって。


同じジーンズを2本、サイズ違いで買い揃える努力を怠った結果。
素晴らしい説得力のある広告になりましたね。


最近はちょっとトレンドから外れ気味のジーンズ。
たかがジーンズ?
されどジーンズ!
SASAKING


道端アート再び



奴が帰ってきたらしい。
パワーアップして。


前にもアップした落書きアートが、またもや出現。
場所は前回と同じブレラ地区。
昨日の朝はなかったから、土曜の夜に作業された模様。
寒空にご苦労様です。




儚さと遠慮が感じられた前回のチョーク画に手応えを感じていたのか。
今回はタッチが力強くなって存在感が増しています。
チョークを極太ポスカに持ち替えた様子。


ツールがレベルアップした落書き師。
次もあるかな?
SASAKING


ケア

長く続く咳。
10月中頃からだから、もう4ヶ月!!
年末から少しづつ減っていて、ようやく回復の兆しが?と思いきや。
昨日から、別の風邪の予感。
ああ、もう。。。。ウンザリ。


咳のケアに効果的なのがハチミツ。
一般的な咳止めシロップよりも効果があると言われています。
中医学界で勧められているのは「ハチミツの大根漬け」
聞いたことがある方も多いのでは?


イタリアはハチミツには困りません。
流行りのマヌカハニーに固執しなければ、養蜂家から直買いも可能です。

大根。
売ってます。
八百屋でもスーパーでも。
Daikonと表示されています。

じゃあ、ハチミツ大根できるじゃん!
そうは問屋が卸さないのです。



どうやら、幼い頃から咳がひどかったらしく。
大根おろしの絞り汁とハチミツをお湯で割ったモノを飲まされていました。
祖母の指導だったようで、咳に良いからと。
さすが、おばあちゃん。
中医学を心得ていたとは到底思えませんが。


問題は、それが効いたかどうか、ではなく。
幼い、幼稚園年長か小学校低学年の子供が、クソ不味いハチミツ大根汁を、自分で作らなければならなかったということ。

当時は、大根のドコが辛いとか、どうすれば辛味が抜けるとか、便利なハックもなく。
ただただ、嫌いな飲み物を自分で作らなければいけないという二重苦。
効く訳がない。


お手当って、誰かにしてもらってこそ効くんじゃないのかな。



はっ!! だからか、私の風邪が治らないのは。
誰かケアしてぇぇぇぇ。
SASAKING
Check


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
blog pet
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座