<< ミラノで思い出すダンス☆マン | main | 仕事納め >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2016.09.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

パネットーネは朝食です

日本でもよく知られているイタリアのクリスマスケーキ。
PANETTONE(パネットーネ)
12月の手みやげはコイツがあればOK!というくらい行き交うアイテム。
本日うっかり頂いちゃいまして。


どーーーーん,と1Kgなり。
あぁ、どうしよう。。。。


パネットーネと並んで有名なのが、PAND'ORO(パンドーロ)
バターを使用し、ドライフルーツはナシ、粉砂糖を振りかけるヴェローナ出身のケーキです。

イタリア人の間でも、パネットーネ派かパンドーロ派かという話題は非常に盛り上がります。
2大勢力しかないと思っていたイタリアのクリスマス。
ヴェネチア地方のパネットーネはマロングラッセが入っていることを知った去年の衝撃ったら!


そして今年は大雪とともに、新たな衝撃を食らったのです。


近所のオフィスの方が年末のご挨拶に立ち寄ってくれたのですが。
「私ヴェローナ出身です。
パンドーロのお母さん的ケーキ持ってきました!」



そんなモノが存在したのですか?!
ええ、したようですね。

OFFELLA D'ORO(オッフェッラ ドーロ)と呼ばれるもの。
ナッツがトッピングされたパンドーロという感じ。
切れ端を味見したけど、美味しかったです。



パッケージングも素朴に可愛い。
これならパネットーネが苦手な私でも1切れ食べられそう。


さて、冒頭の本日個人的にもらってしまったパネットーネ、1キロ。
「一生食べ終わんないよ。。。」とこぼしたところ、イタリア人の友人が。
「えぇ?!朝ご飯の食べればいいじゃん。ヌテッラつけてさぁ〜。考えただけでヨダレが出ちゃう」

ヌテッラというヘーゼルナッツのクリームを付けるのがポピュラーなのは知ってましたが。
朝食だったとは。
そんなん食うくらいなら、ギリギリまで寝てたい私。


なんでそんなに眠いかっていうと。
2時半になろうというのに、終わらないケーキ作りのせい?


明日は友人アズアズの誕生日。
内輪でパティシエと呼ばれている相方が帰国中のため、穴を埋めるべくケーキ作り買って出たはいいが、正直つくったことがないのです。


都合がつかず、お誕生会には出席しないものの、ケーキはお届けすることになっています。
言ってしまえば。
アタシ食べないからいいんだけど。
レシピに添えられている写真とエライ違う焼き上がりなんだけど、いいの?
SASAKING



スポンサーサイト


  • 2016.09.08 Thursday
  • -
  • 10:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
朝ごはんのレシピについて
朝ごはんのレシピについてまとめてみます。
  • 朝ごはん情報局
  • 2009/12/26 6:45 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
blog pet
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座