<< 掘出しモノTODAY | main | 隣のイタリアは、とりあえず回避 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2016.09.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アテンションプリーズ

イタリアに来てからというもの。
タクシー運転手とかバスの運転手と妙に仲良くなる機会が多く、
ストレスフルな仕事なのに、みんないい人たちって思ってまシタ。
月曜の朝までは。


ミラノ、マルペンサ空港と市内を結ぶバスは2社あるコトはご存知でしょうか?
どちらも中央駅発、Fiera Milano City経由でマルペンサ空港へ行きます。
所要時間もほぼ一緒。
ただし料金には若干の違いがあり。



マルペンサ シャトル
片道切符 7.50ユーロ。
往復切符 12.00ユーロ。
戻りの切符は期限もなく、空港or中央駅どちらから乗ってもOKなので、
いつかまた乗りそうな場合は、往復(Andata e Ritorno)がおトクです。



マルペンサ バス
片道切符 7.50ユーロ。
3回使える切符は、15.00ユーロ。
こちらも無期限、友人と一緒の出発の場合も利用出来ます。
ただし、3人組だからって「3人分下さい」って言っちゃうと、
7.50ユーロx3枚=22.50ユーロという計算をされてしまいますのでご注意を。
わざわざ説明はしてくれませんよ。
「Tre Biglietti ! (トレ ビリエッティ)」とハッキリ言いましょう。


サービスも、バスの車体も大して違いがない2社ですが、
マルペンサバスの方が、渋滞回避と称して運転手毎にビミョーに道が変わったりしてます。



月曜朝7時、郊外の家からミラノ市内へ出勤するためにこのバスに乗ったのですが、
いつも最初に来た方に乗るので、この日はマルペンサシャトル。

発車前から、同僚に自社の問題について大声で文句を言っていた運転手。
その声が特徴的だった。。。。平たく言えば、おゲイさん。
私がFiera Milano City(フィエラ)で降りたいことを告げると、イヤそうに何かを言っていました。
朝のフィエラ下車はどの運転手にも嫌がられるので、想定内、無問題。

いつもどおりの渋滞にハマりつつもバスは高速道路を出て、より渋滞の激しいミラノ市内に入って行きます。
別に全てがいつも通りなのに。
運転手がいつもと違いすぎた。。。。


みんながゆっくり進んでいるっていうのに、クラクションを鳴らして威嚇する。
渋滞にイラついて、怒鳴る。
急ブレーキ、急発進。
前に入り込んできた車に罵声を浴びせる。。。。
乗っているコッチがイヤな気分になるくらいにヒドイ。

フィエラの停留所に入る交差点は左折信号がないため、時間がかかるのですが、
ソレが運転手の我慢の限界に達したのか、
「Porca T%$#&!! Fiera di M*$^@ !!」

「バカヤロー! クソッタレ フィエラ!!」
本当に大声で怒鳴っていたのですが。
まるで、フィエラで降りたいと言った私に怒鳴っているかのよう。

フィエラで降りたのは私だけだったし、本当に私にイラついていたのかも。
でもバス停は存在するんだから、何が悪いっていうのよ!


素行の悪い運転手のせいで、旅の思い出が台無しにならないよう、ご注意ください。
でも、どうやって?
SASAKING



スポンサーサイト


  • 2016.09.08 Thursday
  • -
  • 20:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
blog pet
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座