<< Azusa Kamogawa新作仕上りやした~~!! | main | あっ。。。。。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2016.09.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ナポリ タクシー ぼったくり

今回はあえて。
わかりやすく、かつ、検索されやすいタイトルにしています。


とうとう、とうとう。
ぼったくられました。
定価の3倍です。




しかし。
胡散臭さを感じていたアタシは、レシートに出発地、到着地とタクシーコードを記載させました。


運転手が書いた番号は1410。
しかし車体に記載されていた番号はCP4010。


行ったのはCIS NOLA(チス ノーラ)という、ナポリ空港から30分程の問屋街。
メーターが指していたのは40ユーロ程。
勝手がわからず、運転手が言うナポリに戻るための料金として、メーターの2倍。
プラス空港特別料金とやらを取りあえず払ったのです。

が。
訪問先で、あっさり「そんなワケない。通常40ユーロくらい」って。


バカにすんなよ。
オレがコレ、タダで済ませると思うなよ。



仕事を終えてナポリ空港に戻り、ソッコー調査開始。
何の気ない風を装って、集まっておしゃべりをしているタクシーの運転手達に、
明日の予約をしたいからと言ってタクシー会社の電話番号を聞きつつ、タクシーの車体コードについて質問。
「何かのトラブルか?」と興味津々なタクシー運転手たち。


上の写真のレシートを見せた所、「このタクシーコードは存在しないよ!」と即答。
そりゃそーだ。車体に書いてあったのは、CP4010だもん。
そう説明したところ、運転手の特徴を私に質問し出した彼ら。

どうやらこの車は、お父さんと息子の2人で使用しているタクシーな模様。
「釣り好きな男性だった」と説明したら、間違いない!!と言われました。





そして、この番号に電話して、CORSO PUBBLICOの番号を聞き、そこにクレームをしろと教えてくれた運転手たち。


しかし、このナポリのRADIO TAXI。
COMUNE DI NAPOLIのサイト、タクシ−案内の一番最初にあるくらいだから、大手だと思うんです。



すでに、COMUNE DI MILANOにはクレームを送りつけた。
ナポリ空港、ナポリ警察、政府観光庁 etc... 全てに送りつけるつもりです。
STRISCIA LA NOTIZIA (イタリアの民間リーク番組)にも送ってみようかな。。。



この行方、動きがあり次第報告いたします。
乞うご期待!!!!

SASAKINGフンガーーーーー



スポンサーサイト


  • 2016.09.08 Thursday
  • -
  • 07:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
blog pet
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座