<< イタリア人だって疲れます | main | LANVINはニオイで求婚? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2016.09.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

忘れかけていた難関:八百屋

たいして美味しくないランチを食べにいくのがイヤな私。

出勤前にオフィス近くの八百屋に立ち寄り、手早く買い物。



「サラダにするトマトを0.5キロ程、富士リンゴを1個と、青リンゴ1個ください」

「ハイ、7ユーロです。」



時間もなかったので、よく考えずにお会計。

足早にお店をあとにしたのですが。

7ユーロって。

ずいぶん高いな。。。



一般的に、八百屋さんはスーパーよりも、メルカートよりも高くつきます。

でもこの量で7ユーロ?

1キロ当たりの値段が表示されているのが普通なイタリア。

当然、店頭でもその表示。

ならば、とレシートを見ると。



一括で7ユーロで打ってある →→→→→→→→やられたな



初めて利用する八百屋ではないんだけど、見慣れない若オヤジに担当されたのが原因か?

いずれにしても、典型的なズル八百屋。

こんなのイタリア中に五万といるワケだが、腹は立ちます。

こういう輩が多いから、イタリア人ですらスーパーでの買い物を好み、個人商店はどんどん廃業に追いやられて行くのですが、道筋立てて物事を考えられない故に気がつかないのである。

幸せな人種だなぁ。



さて、感覚的に高いと文句を言っている私ですが、不確かなことは書けませんから。

性格が悪い私は、帰宅途中にこの八百屋の値段をチェック。


富士リンゴ1kg/2.90 euro:600グラム弱の購入なので、1.74ユーロ

青リンゴ1kg/2.90 euro:300グラム弱の購入なので、0.87ユーロ

ほーらね。

ドヤ顔になりかけたその時。

ん?

んん?

すごい読みづらいんだけど。。。。


トマト 300g/3.40ユーロ、1kg/7.90 euro ?!

ア、ア、アホかぁ?


トマトの重さは650g程だったから、700gとしても5.53ユーロではないか!

総計すると8.14ユーロ。

むしろオヤジはおまけしてくれていることになる。



いや待て。

トマト1キロ7.90ユーロって何よ?どんな高級よ??


これがその高級トマト。

味?旬じゃないから最悪だったわよ。

フンガーSASAKING



スポンサーサイト


  • 2016.09.08 Thursday
  • -
  • 16:52
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
blog pet
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座