<< YOU CAN'T FAKE FASHION | main | (ウ)ヒョー!!!柄チャリとは、さすがDolce&Gabbanaです。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2016.09.08 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

イタリア人の就活?

(5月1日、文字組を修正しました)



日本の新卒予定者の就活の在り方もどうかと思いますが、 コネや口利きに頼り切ってきたイタリア人よりは絶対マシ。 

 お昼休みが終わって間もなく受取った男性からの電話。
 声の印象からは、それなりの年齢と思える。 
推定20代後半から30代中頃といったところか。 

 「すみません、スビト プント イットの告知を見たのですが、詳しい事をお聞きしたくて。。。」 


 スビト プント イットとは、SUBITO.ITというオンラインオークション的なサイト。

求人募集があることにも驚いたが、イタリア企業でありながら、日本人スタッフしかいない弊社があのサイトに求人募集ですか?
100%あり得ない。 


「ウチじゃないと思うのですが、何かの間違いだといけないので、 念のために、告知ページのアドレスを詳しく教えてください。」
恐らくは、その告知ページを見ながら電話しているだろうと思い、聞いてみた。 


「ええと、トップページから、求人募集をクリックして、地域をパドヴァで選んで。。。」


 アタシは、ダイレクトに開くためにページのアドレスを質問したのに、なんだその返答は? しかも今、地域はパドヴァって言ったよな? 
なんとか彼のペースに合わせて、彼が見ているページらしきものにたどり着いたら。 


 あの。 会社名、違いますけど? 


サイトに告知を出している企業は2単語からなる会社名。 
我が社は、1単語。 

同じ単語が含まれているとは言え、普通は気がつくと思うんだけど。 

告知上には問い合わせ先の電話番号は記載されておらず、 興味があったこの彼、自力でweb検索したらしいのですが、 会社名も違えば、地域も違う。 

パドヴァなら電話番号は04から始まり、ミラノは02。
彼が何をどう考えたのかは知りませんが、 言ってやりたかった。


そんなじゃ一生、仕事見つからねーよ。 
SASAKING


スポンサーサイト


  • 2016.09.08 Thursday
  • -
  • 19:10
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
blog pet
カレンダー
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座